むやみやたらと格安SIMを勧めるのはよくないですよってことで


こんにちは、びるです!
今回の話題は、今流行りのMVNO、つまり格安SIMのお話です。

ぼくは先日までMVNOのショップで働いていました。このブログはそこであったちょっと困ったお客様とか面白かった出来事などを綴っていこうとはじめました。
そんなわけで今回は、格安SIMのショップで働いていたし今でも格安SIM3社で契約しているぼくが、それでも「むやみやたらと他人に格安SIMを勧めないでください」って言いたいというお話です。

※MVNO業者は数え切れないほどの数があります。ぼくも全てのMVNOを知り尽くしている訳ではないので、「これはこの会社には当てはまらないよ!」という内容を書き込んでしまう可能性がありますが、何卒ご了承願います。

安かろう悪かろうという言葉

皆様は「安かろう悪かろう」という言葉をご存知でしょうか。
最近はこの精神が薄れてしまっているように感じます。これは通信事業に限った話ではありません。

飲食サービス


飲食店のサービスだって安いところほど悪いのは当たり前ですよね。
サイゼリヤと高級ホテルのレストランが同じサービスなわけないですよね。
最近はこの辺りを勘違いした態度と声だけがでかいクソ客お客様が増えてる気がします…
ちなみにぼくは堅苦しいのが苦手なのでサイゼリヤ大好きマンです^p^

軽井沢スキーバス転落事故

皆様はこちらの事故をご存知でしょうか→軽井沢スキーバス転落事故 – Wikipedia
全てのバスが危険というわけではありません。ぼくもよく夜行バスを使います。
しかし安いバス会社はやはり車内が狭かったり、運転手が一人しかいなくて危険だったり…安いほどサービスは悪くなりますよね。当たり前のことです。

そして格安SIM

当然、格安SIMだってサービスは悪いのです。当たり前のことです。
格安サービスに大手以上のサービスを求めるのはちゃんちゃらおかしな話なんです。

そもそもなぜ安いのか

大手キャリアから回線を”借りて”運営している

MVNOの会社は自社で回線を持っているわけではありません。すでに回線を持っている大手キャリア(au,docomo,softbank)から回線を一部レンタルして、それを自社のサービスとして運営しています。
自社で基地局を準備する必要がないので安く提供できるというわけです。しかし、今までの流れからわかる通り安い分デメリットもあるんです。安かろう悪かろうです。

格安SIMのデメリット


格安SIMを使ううえでこちらのデメリットは必ず理解しておかないといけません。

キャリアメールが使えない

当然ながら大手キャリアとの契約ではないので、キャリアメールというものが使えなくなります。
ezweb.ne.jp docomo.ne.jp i.softbank.jp などですね。
今はだいぶ減ってきているのですが、キャリアメールでないと登録できないサービスっていうものもごく稀に存在します。
そういうサービスは格安SIMではつかえません。そのサービスか格安SIMをあきらめましょう。
これらのメールアドレスをメインで使っている人は、gmailやYahooメールなどのフリーメールを取得した方がいいです。iPhoneの人ならicloudでもいいですね。ぼくは使いませんが
格安SIMからも契約時にメールアドレスは発行されますが、もし今後その格安SIMを解約すると結局そのアドレスは使えなくなってしまうので、上記のフリーメールをメインとするのが最適解かと思います。

LINEの年齢認証ができない

これは困る人は困るって程度のことですが、LINEの年齢認証ができません。
これができないとどうなるのかというと、ID検索と電話番号検索の機能が使えなくなります。
「ぼくのIDこれだから検索して〜」という流れになっても、検索するのもされるのもできません。
ただし厳密にいうと、今大手キャリアで使っていて年齢認証が済んでいるスマホをそのまま使う場合はまだ年齢認証が通ったまま使えます。
今後新しいスマホに変えたり、アプリを再インストールした時に使えなくなりますということです。
※LINEモバイルだけは大手キャリアの契約がなくても年齢認証できます。まぁ自社サービスですしね←

時間帯によって通信速度が遅くなる

これが最も有名で影響の大きなデメリットですね。
先に述べたように格安SIMは大手キャリアの回線の”一部を借りて”運営しています。
当然大手キャリアの回線そのままなので、au回線ならauと同等、docomo回線ならdocomo相当の速度で基本的には使えます。
ただし”一部しか借りていない”ので、混み合う時間帯(特に平日の昼休み)は速度が急激に遅くなります。
どの程度遅くなるかは各社で・場所で・その日によって全く違いますので一概には言えませんが、少なくとも大手キャリアのように使うのはほぼ不可能です。
一時期は「LINEモバイルのソフバン回線が殆ど遅くならない」と噂でしたが現状LINEモバイルのソフバン回線使ってますが普通に昼は遅いです。ユーザーが増えればどのMVNOでも同じようなものです。

かけ放題は専用アプリが必要

大手キャリアのように無制限のかけ放題はありませんし、かけ放題オプションに入れば勝手にかけ放題になるというわけではありません。
かけ放題オプションに入った上で専用のアプリを使って電話をかける必要があります。これは実際にあったケースなのですが、契約時に嫌という程説明されるのですがそれでも聞いていないアンポンタン困ったお客様もいました。
アプリを使わずにかけると、オプション適用なしの通常料金(20円/30秒)かかってしまうのです。その方は1ヶ月で3万円請求がきちゃったみたいです。ざまぁみなさまお気をつけて。

サポート体制が整っていない

ここが「むやみやたらと他人に勧めないで欲しい」という最大の理由です。
例えば大手キャリアのdocomoだったら、「スマホが壊れてしまった」「プランを見直したい・変更したい」とか「解約したい!」という場合、ドコモショップに持っていけば店員さんが全部やってくれます。
ところがこれが格安SIMだとショップでは上記のような内容に対応できない、というかそもそもショップなんてないところが殆どです。(ショップがあるところ少ないから「元ショップ店員」なんてすぐ特定されそう)
格安SIMは契約から設定、プラン変更、機種変更、オプション追加・削除そして解約に至るまで全てネット上で手続きを行うことが基本です。なにかあっても自分で解決しないといけません。いろいろブログを読んでいると、「ショップがあるのになにもサポートしてくれない」とか「docomoみたいにいろいろできたらいいのに!」とか書いてあるのをよく見かけますが…

甘ったれるんじゃぁないよっていうお話です。
あなたがいまから格安SIMを勧めようとしている人…特にお年寄りの方。
本当に格安SIMにして大丈夫ですか?その人がスマートフォンのことでなにか困った時、あなたはすぐに助けてあげられますか?
確かに料金がやすくなるのは嬉しいことです。でもそれで誰も助けてくれなくなります。本当に困るのはわけもわからず乗り換えさせられた人です。
あなたがスマホに詳しくて、その人が困っていてもすぐに助けてあげられる状態なのであれば勧めてあげてください。

とはいえ


そうはいっても安いは正義です
ぼくもLINEモバイル・mineo・OCNで合計5回線契約してます()
ちゃんとデメリットを理解し、それを受け止められる方は是非格安SIMに乗り換えましょう。
上記のデメリット分を差し引いても乗り換えるだけの価値はあると思います。
浮いたお金で毎月回らないお寿司が食べられますよ。それではまたノシ

MVNO

Posted by admin